• HOME
  • 診療案内
  • 診療時間・アクセス
  • スタッフ紹介・治療方針
HOME > 口腔外科

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは・・

虫歯や歯槽膿漏、入れ歯の治療だけでなく、

お口の中に発生する疾患やトラブルに対応する診療部門です。

また、歯茎やあご、舌などに起こる疾患、お口の中にも症状が出やすい病気にかかっておられる方の治療、あるいは、ほかの病気を持っているので治療法に制約がある方の歯や口内の治療などを行っております。
院長が経験を活かしながら、ご希望に沿う治療をいたします。

こんな症状の方は、まずは口腔外科へ。

  • 親知らずを抜歯したい
  • 歯が原因で歯茎やあごが腫れる炎症
  • 小さいお子さんなどが転んで、歯を折ったり口の中を切った
  • あごの骨折などの外傷
  • お口の中のできもの
  • あごの病気、唇顎口蓋裂などの先天異常
  • あごの大きさや位置の関係で、口が閉まらない
  • 入れ歯の安定性を高める
  • インプラント
  • 歯の移植
  • 顎関節症
  • その他、お口の中にも症状が出てくる病気

親知らずは、きちんとした治療をおすすめします。

現代人のあごは小さくなっていることが、公的な調査で明らかになっています。
親知らずが出てくるスペースが足りず、斜めに生えたり、ときには埋まっている状態になることがあります。
下あごではとくにその傾向が強いようです。
歯茎の炎症の原因に
親知らずは口内の一番奥にはえてくるため、歯ブラシが届かず不潔になりやすいものです。
放っておくと、まわりの歯茎に炎症を起こすことがよくあります。
親知らずを原因とする炎症は、重症になりやすく、ひどい場合あごの周囲の組織に広がることさえあります。
また、正常にはえていない親知らずは、歯茎や頬の粘膜を噛んでしまい、これも炎症の原因になります。
斜めにはえた親知らずは、隣や上下にある正常な奥歯を虫歯にしたり、歯茎を傷める原因になります。あるいは、ほかの歯の歯並びにも悪影響をあたえます。
また噛み合わせが悪くなり、顎関節やあごの筋肉に負担をかけたりもします。とくに子どものころに矯正治療を行った方は注意が必要です。
妊婦さんはご注意を!
妊娠期間中の女性は、つわりなどでしっかり歯磨きができないことがあります。痛みがあるときも、大切な赤ちゃんのことを考えると、薬の服用が気になることと思います。どうぞ、早めにご相談ください。
親知らずの抜歯は知識と経験、技術が必要です。
親知らずの治療は、基本的に抜歯です。
ただし、下あごの親知らずの根は、あごの骨の中の神経や血管に近接しています。したがって、抜歯の仕方によっては唇や顔面が麻痺したり、大量出血したりすることがあります。
当クリニックでは5千症例以上の抜歯を手掛けておりますので、安心してご来院ください。

顎関節症

人前では、あくびができないとのお悩みの方が増えています。男女を問わず頭痛の原因にもなっています。
あごは、顎関節で動いています。
顎関節は耳の前方にあり、ボールとそれを受けるお椀のような構造をしてします。
ボールがお椀の中を滑ったり回転したりするように、運動しているのです。
このとき、骨同士が当たらないように、関節円板といわれるクッションの役目をするものが、下顎骨と頭蓋骨のジョイントの部分に存在しています。
人差し指の先端を直接自分の耳の前に当て口を開け閉めすると、下顎骨の先が指に触れるはずです。
そしてあごの動きがわかると思います。
顎関節部の筋肉
咀嚼筋(ものを噛むために動く筋肉)は、下顎骨と頭蓋骨をつないでいます。
これらの筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返して、下顎骨を動かします。話をするときや噛むときなど、ごく普通の運動として通常はスムーズに行われます。
しかし、首や肩の筋肉と同じように、あごの筋肉もいろいろな理由で硬く緊張した状態になり、痛みを覚えることがあります。ときには、コクコクと嫌な音がしたりした記憶もあると思います。
その主な原因は、噛みしめや無意識にする歯ぎしりなどです。必要以上に筋肉を使い過ぎた結果、顎関節症や頭痛などの痛みが引き起こされてきます。
顎関節症の治療法について
当クリニックでは、以下のような治療法をご提案しております。
ストレスを緩和させるテクニックと行動の改善
ストレスが顎関節症を起こす大きな要因となっています。
歯ぎしりや噛みしめなど、強く顎を動かす等の習慣は、ストレスと深く関係しています。
あごや顔、そして首の筋肉に緊張感を与えるような動作などがそうです。
こういった習慣全部が顎関節症の原因になるとは限りませんが、できるだけ避けることが、大切だと考えます。
薬物療法
痛みや炎症、筋肉の痛みなどを和らげる薬物を使用します。
理学療法
整形装置による治療
プラスチックの装置(スプリント)を顎関節症の治療に用います。
アクリル製で、上の歯をすべて覆うような装置を、患者さまの形に合わせて製作します。
数カ月から1年ほど、様子をみながら装着します。こうすることで、あごや顔の筋肉をリラックスさせ、不快感を減らします。

口腔癌、口唇口蓋裂、顎骨骨折、その他数多くの難症例

口腔外科的な病気は、一般歯科の定期ケアを受けていても、なかなか見つかるものではありません。
当クリニックに歯科治療で受診された患者さまの中でも、口内の問題点が見つかることがございます。
これは、たくさんの症例を診てきた院長の経験があってこそ、と考えます。
発見が早ければ、重症にならないで済むのは、すべての病気にいえることです。ご心配事やお悩みをお持ちなら、どうぞご来院下さい。きっとお応えできるはずです。
抜歯した方が良い場合
・親知らず   ・重度の歯周病  ・重度の虫歯  ・歯根嚢胞   ・歯が割れた、砕けた場合(破折)  ・矯正(必要な場合)

新着情報

一覧を見る

2017/07/01

7月の休みのお知らせ
以下の日付は休診させて頂きます。

25日休診
27日休診

とさせて頂きます。

詳しくはお電話でお問い合わせください。

アクセス


大きな地図で見る

住所
〒456-0003
愛知県名古屋市熱田区
波寄町25−1
名鉄金山第一ビル2F

最寄駅
金山駅より徒歩2分

診療時間
10:00~13:00
14:30~19:30

休診日
土曜・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら
クレアデンタルクリニック 携帯サイトはこちら